Beautiful Preserved flower

プリザーブドフラワーの仕組みと人気の理由

仕組みと人気の理由 プリザーブドフラワーとは、生花や葉などを特殊な液体に入れ、水分を取り除いてできたもので、見た目はほとんど生花と変わらない花のことです。
記念日などのギフトとして人気があり、好きな花を選んでプリザーブドフラワーにしてくれるサービスもあり、インターネットでも簡単に注文することができます。
また、1本の花から複数の種類の花を選んで加工することもできます。花を飾る瓶や入れ物などのケースを工夫することでプリザーブドフラワーがさらに生きた花のように見えるのも特徴の一つです。
保存期間は、数年から半永久的に保存できるものもあります。直射日光や湿度に強くはないため、海沿いであったり、お部屋の中でも日光が直接当たるような場所に置いておくと、保存期間が短くなることもあるため、注意が必要です。
プリザーブドフラワーを作りたい場合は、インターネットで注文する方法と、近くにある対応する花屋にいくと対応してくれることがあります。自分で選んだ生花をアレンジして加工するだけなので、仕上がりと完成イメージに違いはほとんどありません。注文してからも数日で届くため、記念日や贈りたい日の数か月前に行う必要はないのも特徴の一つです。
ただし、シーズンなどの場合は立て込むため、早めに注文しておくと良いです。

プリザーブドフラワーの作品を百貨店で売るために

プリザーブドフラワーは小さな作品もささやかながらきれいにまとまっていていいのですが、やはり百貨店で展示や販売されているような大量のボリューム感のあるバラをたっぷり使ったものにあこがれてしまいます。
自分の作品を高級なものが多く売られている百貨店で販売してもいいようなものにするためにはまずは教室でその水準まで腕を磨くことからです。
全国にあるプリザーブドフラワー教室の認定校の中には百貨店で出店を目指す人向けのコースが解説されていますから、そこで作品作りのための技術からどのようなものがいわゆる売れ線のものかなど、売れるプリザーブドフラワーを作るためのノウハウを学べます。
商品を購入する側にとっては、作品のクオリティはもちろんのこと、配送される時に商品が保護するための梱包がしっかりしていないとがっかりするものです。
そこで、梱包の正しいやり方やもしクレームが着た場合の対応スキルなども学べますし、商品のことで問い合わせや質問があった時の説明の仕方の指導も授業で教えてもらえますから、百貨店でのビジネス志望ではなくても、個人でネットを使ってプリザーブドフラワーの製作と販売をしたい人にとっても役立つことが満載です。

おすすめの「プリザーブドフラワー」関連リンク

贈り物にピッタリのプリザーブドフラワーアレンジメントや手作りキットの専門店

プリザーブドフラワー 通販